TALK SESSION
新入社員 座談会
TALK SESSION
TALK SESSION
TALK SESSION

本日は、私、採用担当の大平から色々聞いていきたいと思います。

みなさん、数か月前の入社式の日が懐かしく感じるほど頼もしくなりましたね。

では早速ですが、みなさんが東京国際埠頭に入社を決めるまでのことを教えてください。

私は、人々の生活を助けるような仕事に就きたいと思っていて、「物流」の仕事は、生活に不可欠だと感じて物流業界を見ていました。その中で海上輸送と陸上輸送をつなぐ「港」の仕事を知って、これだ!と思ったんです

僕は、地元に貢献したいという思いが一番にありました。それに、子供のころから「港」で働く人々を見て育ったので、「港湾運送業」一本で考えていました。

僕も、海と船が大好きで港湾に絞って就職活動をしていました。何より横浜の街が大好きで、横浜で就職すると決めていました。

なるほど、みなさん「港」への並々ならぬ思いがあったのですね。

そうなんです!だから東京・横浜・川崎に支店のある東京国際埠頭は魅力でした(笑)
もちろんそれだけじゃなく、会社説明会や見学会で感じた雰囲気の良さが最大の決め手でした。当然、現在においても満足しています!
私は、「高品質なサービスを提供する」という東京国際埠頭の思いが、多くの人の「当たり前」を守っているんだなと感じたことと、どの企業よりも社員の皆様の人柄の良さや温かさを強く感じたので、入社を決めました。
僕は、貨物を積み込んで船を送り出すところを見て、この仕事があるからこそ船が出航できるんだと感じました。自分もこの仕事がしたい、この仕事ならやりがいをもって働けると思いました。また、会社説明会での丁寧な対応に、会社への安心感を強く感じることもできました。
会社のことをよく思ってくれることは嬉しい限りですね。ずっとそう思ってくれるように、我々も努力しないといけませんね。ところで、Y君は港湾労働者向け住宅の住み心地はどうですか?
荷物がたくさん入る収納があって、僕は何の不満もないですが、人によっては汚いとか環境が悪いと感じる人もいるかもしれないですね(笑)
Hくんも家は遠くないけど、一人暮らししたいって言ってたよね。
そうなんだ!多少の難点はあっても、やっぱり安く住めるのは助かるよね。
ここ数年で、住んでいる社員がかなり増えて私も驚いています。
では次に、今やっている仕事の内容を教えてください。
私は、主に輸出の中古車、建機、鋼材の通関書類の作成、通関手続きをしています。ちょうど来月から輸出建機の担当をメインで任せて頂けることになって、本当に嬉しいです!

メインで仕事を任せてもらえるなんてすごいね!

僕は、パルプやアルミなど原材料系貨物の入出庫の立ち合いが主な仕事です。あとは貨物の保管場所を決めたり、運送の手配をしたり、書類作成などもやっています。毎日、着岸する船舶や大きな荷役機械が活躍する様子を目の当たりにできて最高に幸せです!

僕は、海運支店でコンテナ船の監督業務、コンテナのプラン作成と集計、システムを使った事務処理、ドレイの手配や検査の立ち合いなどをやっていて、覚えることが沢山あって大変です。でも、11つ時間をかけて教えてもらえているし、わからないことがあれば何でも相談できるので仕事がしやすいです。

海運支店は、面倒見がいいんだね。東京国際埠頭は支店によってカラーが異なるけど、二人のいる横浜支店はどうですか?

僕も、先輩方に、たくさん現場に連れて行ってもらい、丁寧に教えてもらっています。

横浜支店全体で連動して業務にあたっているので、活発なやり取りがあり、若手の意見を聞いてもらえる風通しのよさを感じます。お昼も年の近い先輩方に混ぜてもらい、業務以外の話もしながら楽しく食べています。時には、食後にサッカーをしたりします。

うんうん、本当に入社前の印象通り、温かい!とは言っても過度に干渉されるというわけでもなく、近すぎず遠すぎずな距離感で接して下さる方ばかりで、とても居心地が良いです。食後には、お昼寝をしてしまうほどにリラックスさせていただいています()

H君は、お昼はどうしてるの?

僕は手作り弁当を食べています。好きなおかずは唐揚げです。

事務所からヤード全体を見渡せるので、船を眺めたり、ゆっくりくつろいでいます。あとは、社内イントラネットで、同期のスケジュールをチェックするのも楽しみのひとつです。Y君はいつもだいたい8時に来てるよね、Eさんは昨日通関の研修に行っていたよね(笑)
!! 見られてたんだー!()
H君そんなことしてたんだ(笑) みんな支店になじんでいるようで安心しました。

みなさんが今思う東京国際埠頭の魅力って何だと思いますか?

横浜支店は、プライベートバースであることを活かした大胆な荷役など、そのスケールの大きさが最大の魅力だと思います。大きな貨物を支店全体で協力して船に積み込む様子は、日本の物流を担う貿易最前線だということを体感できるし、45トンまで持ち上げることができるクレーンが動いているのを見るだけでテンションが上がります!
私は、紙製品や木材などを中心に幅広い品目を取り扱っていること、長尺物など他では扱えない貨物の取り扱いが可能なことが最大の魅力だと思います。
それから、中小企業ならではの魅力として、一年目からでも一通りの仕事を任せて頂けることです。自分が正確に手続きを行うことで予定通りに船を送り出すことができるということを日々実感し、「海上輸送と陸上輸送の結節点」の一端を担うことができていることに、やりがいを感じています。
僕も、巨大なコンテナ船に積みあげられたコンテナを積み降ろしする巨大なクレーンを目の当たりにして港湾のスケールの大きさを日々感じているし、一年目から責任のある業務を担当させてもらえるところが魅力だと思います。自分の行った業務の成果が目に見えてわかる仕事なので、達成感があります!
あとはやっぱり会社の雰囲気の良さですね。小さなことでも親身に聞き入れてもらえる体制が抜群だと思います。
ありがとうございます。私が思う東京国際埠頭の魅力は、創立50年を迎えた安定企業だというところですね。私は勤続20年を過ぎたところですが、盤石の経営基盤があると感じています。
実際に働いてみて、学生時代との違いや、これからどう働きたいかなどはありますか?
日頃から、「あらゆる仕事において親切に、誰が見ても分かるように」と、ご指導頂いているので、少しずつですが、直接関わる担当者のことだけでなく、実際には会わない税関職員、荷主さんのことまで考えながら仕事ができるようになってきたかなと思います。
今後は、お客様にも周りのみなさんにも信頼されて、安心して仕事を任せて頂ける社員になりたいです。早く通関士の資格も取りたいと思っています。
責任の重さは、学生時代の比にならないと感じます。自分の行動によって現場の進行を妨げてしまったことがあってからは、To Doリストを退社前に作成し、毎朝確認しています。他にも自分がどう動くのが良いか常に考えて業務を行うようにしています。今後は、自分の判断で業務をまわせるようになりたいと思います。
僕は、面倒なことは後回しにする性格でしたが、業務では不測の事態が起こるかもしれないので、前もって準備しておくこと、すぐ行動することの大切さを痛感しています。
まずは、担当している業務を正確にこなせるようになること、その後は、担当外の業務もたくさん経験して理解を深め、様々なことに柔軟な対応ができるようになりたいと思います。
ぜひ頑張っていっていただきたいと思います。
では最後に学生さんへメッセージをお願いします。
僕は、航海実習で指導学生長として乗船していたとき、後輩達に、様々な事に好奇心・関心・興味を待って行動してほしい、と伝えてきました。充実するのも退屈するのも自分次第であると考えているからです。知りたい事、疑問に思う事が多ければ多いほど、豊かな経験や知識の習得につながりますので、ぜひ何事にも挑戦し、楽しい学生生活を送ってほしいと思います。
自分のやりたいことを明確にして、多くの企業の説明会に参加するなど企業研究を徹底することが大切だと思います。難しい就職活動になるとしても後悔しないよう、第一志望に挑戦してください。あとは、学生時代に学べる事は、何でも積極的に学ぶことです!
あまり心配しすぎず、固くなりすぎずに、自分らしく就職活動に臨めば、必ず自分に合う一社が見つかると思います。私は面接が非常に苦手で苦戦していましたが、私にとっての東京国際埠頭のように自分の良さを見つけてくれる会社は必ずあるので、自分のペースで前向きに頑張ってください!
みなさんが感じている「港」の仕事への思いが伝わってきて、とても嬉しく思いました。
これからのみなさんの成長がほんとうに楽しみです。本日は、ありがとうございました。